これからのプロペシア

プロペシアの役割

「プロペシア」の事に関する情報サイトです。
プロペシアの主成分であるフィナステリドが2型α―リダクダーゼの働きを抑えて、M型AGAを改善します。

プロペシアの役割

プロペシアは、男性ホルモンの影響が原因と考えられているM型AGAの治療に最も多く使用されている治療薬として知られています。

M型AGAは、2型α―リダクダーゼと呼ばれる酵素が男性ホルモンを悪玉男性ホルモンであるヒドロテストステロン(DHT)へと変化させ、それによってヘアサイクルが乱れることで、徐々に発症することがわかっています。

プロペシアの主成分であるフィナステリドには、M型AGAの原因の根源となっている2型α―リダクダーゼの働きを抑制する作用があり、ヘアサイクルを乱す悪玉男性ホルモンであるヒドロテストステロンへの変化を妨げて、M型AGAを改善したり、進行をくい止めるたりすることができるのです。

経口薬のプロペシアは、医療機関で診察を受け、医師からの処方箋がなければ、現在、薬局で購入することができません。

M型AGAに対するプロペシアの効果は高く評価されており、過去に行なわれた調査によると、半年間服用した人では約50%、1年では約60%、そして2年では70%が効果を実感したと、非常に高い割合になっており、長期間の服用でより高い効果が得られるという結果がでています。

現在、最も効果的なM型AGAの治療薬であるプロペシアですが、何らかの理由で、服用をやめてしまい、体内にプロペシアの成分であるフィナステリド量が一定に保たれない状態が続くと、再びAGAは進行、悪化していってしまいます。

プロペシアでの治療は、長期で行うこと、そして忘れずに、毎日服用することが重要なポイントとなっています。

Copyright (C) これからのプロペシア. All Rights Reserved.